1月20日~24日の給食

 

 

 

今日の献立は、ゆめちからコッペパン、牛乳、いちごジャム、くじらのケチャップソース、すいとんです。毎年、1月24日から30日は、全国学校給食週間です。これは、日本が戦後の昭和21年12月24日にアメリカなどから救援物資を受けて給食を再開したことを記念して、学校が開かれている一か月後に制定されました。今日は、子どもたちに当時の給食を知ってもらい、関心を持ってもらえるように、昭和の時代に出されていた鯨を竜田揚げにして、ケチャップソースと和えて提供しました。

 

 

 

今日の献立は、ごはん、牛乳、鯖の塩焼き、切り昆布の煮物、どさんこ汁です。今日は、「こんぶ」の栄養についてお話します。昆布には、アルギン酸という水溶性の食物繊維が含まれています。こんぶを煮ると出るネバネバ成分がアルギン酸です。このアルギン酸と同時に、糖質や脂質をとると、吸収を抑える働きがあります。なので、糖尿病や肥満予防に良い健康食材です。今日の切り昆布の煮物は、切り昆布やにんじん、さつま揚げ、干ししいたけ、こんにゃくを醤油や砂糖、酒、お塩、ごま油を加えて甘く煮ました。

 

 

 

今日の献立は、カレーライス、牛乳、フルーツ杏仁です。今日は「カレーの日」です。1982年1月22日に小中学校の給食で、一斉にカレーライスが提供されたことを記念して、カレーの日となりました。給食のカレーには、豚肉、にんじん、たまねぎ、じゃがいも、炒め玉ねぎ、すりおろしりんご、にんにく、しょうがなど様々な食材が使われているため、コクのあるカレーになっています。ルウは、鍋に小麦粉と油を少しずつ加えて丁寧に混ぜながら作っているため、美味しく、子どもたちに人気のメニューです。

 

 

 

今日の献立は、ホット中華麺、広東麺、牛乳、春巻、根菜のさっぱり炒めです。今日は、「広東麺」についてお話します。広東麺は、中国発祥の麺料理です。広東料理は、食材が豊富なことが有名で、給食室の広東麺にも豚肉や、いか、えび、あさり、たけのこ、にんじん、白菜、もやし、うずら卵など様々な食材が使われています。片栗粉でとろみをつけているので、食べやすく、身体が温まる料理です。

 

 

 

今日の献立は、ごはん、牛乳、笹かまぼこ、すき焼き風煮、にらともやしのごま酢和えです。今日は、「すき焼き」についてお話します。すき焼きは、江戸時代にできた料理です。欧米諸国の文化が日本に入ってきたことで、肉を食べるという文化が生まれました。すき焼きが誕生したのは、関西だと言われており、当時は肉を鉄板で焼いて食べるという方法でした。現在では、関東風と関西風ですき焼きの調理方法があります。今日のすき焼き風煮は、豚肉や焼き豆腐、白菜、にんじん、ねぎ、たまねぎ、しらたきを醤油、砂糖、酒で甘じょっぱく煮込みました。

 

 

 

 

 

更新日:2020年01月24日 17:47:22