9月11日~9月15日のメニュー

29.9.15.JPG

29.9.14.JPG

29.9.13.JPG

29.9.12.JPG

29.9.11.JPG

 9月15日の献立は、はちみつパン、牛乳、鮭チーズフライ、マッシュポテト、ベジタブルスープです。 ミツバチが花の蜜を集めたものがハチミツです。ミツバチは花と巣の間を、何回も何回も往復して「花の蜜」を集めます。花と巣の距離が3kmも離れている場合もあるそうです。それでも、1ぴきの「ミツバチ」が、一生かかって集められるハチミツは、スプーン1杯分だといわれているので、とても貴重な食べ物だといえますね。※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

 9月14日の献立はコーン味噌ラーメン、牛乳、わかさぎのフリッター、千草炒めです。葱は、千年以上前に中国から伝わってきました。その頃の古い名前は、「き」といい、強い臭いを表す「気」がもとになっています。西日本では日光を当てて栽培した細長い青ねぎが好まれているのに対し、東日本では葱に土をかぶせて日光に当てないようにして作った白い部分が多い葱が好まれています。


 9月13日の献立はごはん、牛乳、麻婆豆腐、揚げ餃子、ナムルです。にんにくは5月~8月が旬で日本では主に青森県で栽培されています。独特の強い臭いがありますが、夏バテや元気が出ない時には、とてもよい食べ物です。そのままで食べることは少ないですが、今日の麻婆豆腐や餃子等の中華料理やミネストローネ、カレーライスなどの西洋料理にスパイスとして使われています。


 9月12日の献立は子どもパン、牛乳、チーズオンハンバーグ、ボイルキャベツ、オニオンス-プです。チーズは、牛乳から水分を除いで、固めて熟成させたものです。チーズのように、牛乳を加工して作る食べ物のことを、乳製品といいカルシウムが多く含まれています。カルシウムは骨や歯をじょうぶにしたり、イライラを解消したりするなど、体によい働きをしてくれます。日本人にはカルシウムが足りないといわれているので、乳製品を積極的にとりたいですね。


 9月11日の献立はえびピラフ・パプリカソースかけ、牛乳、グリーンサラダ、ミックスナッツです。パプリカは、唐辛子から辛味を抜き、生でも食べられるように、肉厚で甘みがあるように品種改良したものです。赤、黄、オレンジととてもカラフルで、食事を鮮やかに彩ります。実が熟したものを食べるので、ピーマンと比べて苦味の少ない野菜です。目をよくするビタミンAやはだをきれいにするビタミンCを多く含まれています。

更新日:2017年11月07日 17:14:27