10月2日~10月6日のメニュー

29.10.6.JPG

29.10.5.JPG

29.10.4.JPG

29.10.3.JPG

29.10.2.JPG

 10月6日の献立はカレーピラフのホワイトソースかけ、牛乳、豆サラダです。豆サラダには2種類の豆が入っています。緑色は枝豆です。そして赤いのが「赤いんげん豆」です。赤いんげん豆は、うずら豆と大きさも形も似ているのですが、うずら豆とは異なり、皮がしかりとしているので、煮ても形崩れが少なく、クセがなくさっぱりしているので、サラダによく使われています。※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

 10月5日の献立は鴻巣葱旨うどん、牛乳、切昆布の煮物、いが饅頭です。鴻巣市が旧吹上町と川里町と合併したのは12年前の平成17年の10月でした。それから毎年10月に「市民の日」の催し物を行っています。学校給食でも鴻巣市特産の葱を使った「鴻巣葱旨うどん」を組み入れました。さらに、川里地区の名物「いが饅頭」を市内の和菓子屋さんにお願いして、給食用の小型いがまんじゅうを作っていただきました。田舎饅頭の表面にお赤飯がコーティングされています。小豆の甘さと赤飯の塩加減がマッチしています。

 10月4日の献立ははちみつパン、牛乳、照り焼きチキン、武蔵野スープ、ミニトマト、お月見デザートです。今日は満月ではありませんが、お月見です。他にも「中秋の名月」「十五夜」「芋名月」といった名前もあり、丸い食べ物を供えたり、食べたりする習慣があります。明後日10月6日が満月です。明後日の月が出る時刻は5時56分です。東の空を眺めてみませんか。

 10月3日の献立はご飯、牛乳、いわしの南蛮漬け、豚汁です。南蛮漬けとは魚などを油で揚げてから、ネギや唐辛子と一緒に酢漬けにしたものです。その料理が、なぜ「南蛮」かというと、その昔、日本人とは髪の色や肌の色が全然違う外国の人のことを、南蛮人と呼んでいた時代がありました。当時、日本に来ていた外国の人はポルトガルやスペインの人でしたが、その人たちのことを、一まとめに南蛮と呼んでいたようです。そして、生活習慣や食べ物などを取り入れるようになりました。

 10月2日の献立は豆腐飯、牛乳、ツナ入り卵焼き、ちゃんこ汁です。「ちゃんこ」といえば、相撲の力士を思い浮かべる人がいると思います。大きな鍋で作るちゃんこを、練習を終えた体の大きな力士が囲んで食べている場面をテレビで見た人も多いでしょう。実は相撲の世界では、力士が食べる食事のことを全て「ちゃんこ」と呼びます。ですから、鍋料理だけでなく、焼き魚もお寿司も、カレーライスも、焼そばも、全部ちゃんこです。

更新日:2017年11月07日 17:07:59