10月10日~10月13日のメニュー

29.10.13.JPG

29.10.12.JPG

29.10.11.JPG

29.10.10.JPG

 10月13日の献立はたまごパン、牛乳、塩焼きそば、白菜と肉団子のスープです。白菜が日本で日常的に食べられるようになったのは、100年くらい前からで、他の野菜に比べると新しい方です。江戸時代や明治時代に何度も伝わってきた記録が残っているのですが、上手に栽培することができず、何度も失敗を繰り返したようです。大正時代に入ると、宮城県の農業学校で白菜の栽培に成功し、日本全国で作れるようになりました。今では大根、キャベツに次いで、日本で3番目に収穫量が多い野菜になっています。
※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

 10月12日の献立は小松菜ご飯、牛乳、豚肉と蓮根の黒酢炒め、玉葱の味噌汁です。酢は昔からなじみのある調味料で、健康にも良いと言われ、最近ではそのまま飲む人もいるくらいです。中でも黒酢は普通の酢と比べて「まろやかな」味や香りが特徴で注目されています。一般の酢は精米した米や果実や野菜を発酵させて作るのに対し、黒酢は精米していない玄米やもち米などを使っています。


 10月11日の献立は挽肉とモヤシのあんかけ丼、牛乳、蒟蒻入り海藻サラダ、小魚アーモンドです。モヤシは主に豆類を人工的に発芽させたもので、モヤシといっても色々な種類があります。給食で使っているモヤシは「緑豆」という種類です。これを暗い部屋に入れて、水だけをたっぷり与えておくと、白い芽が伸びます。これがモヤシです。水を与え始めて8日間で私たちが見慣れているモヤシが完成します。モヤシ工場はほとんどオートメーション化されているので、人の手がかからない野菜といえます。

10月10日の献立はカレーライス、牛乳、フルーツポンチです。カレーに使われるスパイスは香りと辛みの2種類に分かれます。香りをつけるのはターメリック、クミン、コリアンダーです。辛みをつけるのはレッドチリパウダーです。この4つのスパイスがカレーを作る基本のスパイスとなります。

更新日:2017年11月07日 17:06:36