11月20日~11月24日のメニュー

11月24日の献立は子どもパンスライス、牛乳、ホキフライ、ボイルキャベツ、秋の味覚ポタージュです。ポタージュとはフランスではスープ全般のことを意味しますが、日本では野菜をベースにして、牛乳や生クリームで仕上げたとろみのあるスープをポタージュと呼んでいます。今日は南瓜のペーストや栗、しめじを入れて牛乳で仕上げました。栗が沈んで見えないのが残念です。※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

11月22日の献立はご飯、厚揚げと葱の味噌炒め、とうもろこしの華風スープ、みかんです。卵は栄養がバランスよくたくさん入っている食品で、私たちの食事に欠かせないものです。私たちの体に必要なたんぱく質やビタミン、ミネラルが入っています。

本日、6年生は修学旅行2日目で湯河原のミカン狩りを堪能しましたが、給食のみかんは愛媛県産です。※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

11月21日の献立はしめじご飯、牛乳、ハタハタの磯辺揚げ、きりたんぽ汁です。「はたはた」は日本海側でとれる魚で、特に秋田県でよく食べられている魚です。「はたはた」という名前は雷の音に由来しており、秋田県では雷のなる11月ごろによく獲れることから、別名「かみなり魚」とも呼ばれています。「はたはた」は、干物にして焼いて食べるほかに「しょっつる」と呼ばれる魚を使って作られた醤油になります。本日は給食試食会で大勢の保護者が参加してくださり、「美味しい」と好評でした。
※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

11月20日の献立ははちみつパン、牛乳、ポトフ、オムレツのデミグラソースかけ、ボイルブロッコリーです。ポトフはフランスの家庭料理の一つです。フランス語で「火にかけた鍋」という意味だそうです。作り方は牛肉やソーセージなどの肉と大きく切ったにんじんやたまねぎなどの野菜をじっくり煮込みます。じっくり煮込むことで、肉や野菜から旨みがでて、おいしいスープになります。
※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

更新日:2017年11月27日 11:12:38