12月18〜19日のメニュー

12月19日(2学期の給食最終日)の献立はパエリア、牛乳、タンドリーチキン、ベジタブルスープ、セレクトケーキです。日本ではクリスマスに鶏料理やクリスマスケーキを食べるご家庭が多いようです。サンタクロースの故郷、フィンランドでは「ヨウルトッルトゥ」と呼ばれる星形のクリスマスパイを食べるそうです。

給食費が非常に厳しくケーキを付けられるか心配していたのですが、年間3回実施している廃品回収に児童も積極的に参加しているので、PTAからケーキ代を補てんしていただきました。3学期の給食は1月11日からです。お楽しみに。※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

12月18日の献立はご飯、牛乳、鰆の幽庵焼き、南瓜のそぼろ煮、味噌汁です。南瓜は夏に収穫される野菜ですが、冬の時期まで保存しておくと、余計な水分が抜けるとともに、でんぷんが「糖」に変化するので甘みが増します。また、野菜が少ない、この時期まで食べられるので一石二鳥ですね。今年の冬至は今月22日です。日本では昔から冬至の日には、ゆず湯に入り、かぼちゃ料理を食べるという習慣があります。南瓜にはカロテンがたくさん入っているので、かぜ予防には最適な野菜と言えます。※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

更新日:2018年01月09日 21:41:20