3月12日~3月16日のメニュー

 

3月16日の献立はカレーピラフのホワイトソースかけ、海藻サラダ、アイスクリームです。食育だ

よりにも書いてありますが、児童の皆さんが資源回収を手伝ったので、その売上金の一部を給食費に組み入れることになり、希望通りにアイスクリームを出すことができました。皆さんの頑張りが形になった訳です。
※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

 

3月15日の献立はあやひかりツイストパン、牛乳、豚肉のピザ焼き、ボイルブロッコリー、ベジタ

ブルスープです。あやひかりは川里地域で栽培されている小麦粉の品種です。普段のパンは埼玉県産の「さとのそら」という品種の小麦を使っていますが、今日のパンは特別に「あやひかり」という小麦粉を使っています。この小麦は元々うどん用の小麦粉なので、パンには不向きだといわれていましたが、パン屋さんが何回も試作を繰り返してやっと完成したパンです。もちもちした食感や風味の違いを感じてもらえたかな。

 

3月14日の献立はツナひじきご飯、厚焼き卵、沢煮椀、清見オレンジです。清見オレンジは昭和24年に日本人に身近なみかんと世界で一番多く生産されているオレンジを交配させて新しい柑橘類を生み出す計画により誕生したオレンジです。清見という名前は静岡県清水市にある清見寺からつけられました。皮はオレンジよりは柔らかいのでむきやすく、果肉はみかんに似て甘くなっています。栄養面では、ビタミンCと食物繊維を多く含んでいます。また、最近がんの予防に効果があると注目されているβクリプトキサンチンも含まれています。

 

 

3月13日の献立はご飯、牛乳、鰊の照り焼き、五目煮豆、大根の味噌汁です。味噌汁にはせん切りにした大根が入っています。大根を細長く切るきり方を料理用語で「せんろっぽん」といいます。一般に漢字で書くと「千六本」という漢字を使うことが多いようですが、もともとは 「繊蘿蔔(せんろほん)」と書くようです。「繊」は、細かく切ったという意味で、「蘿蔔」は中国語で大根のことです。つまり、細かく切った大根のことを、「せんろほん」と言っていたのが、細かく切ることの意と合わさって、千六本と転じたようです。

 

 

3月12日の献立は黄な粉揚げパン、牛乳、イタリアンサラダ、ミネストローネです。黄な粉は何の粉でしょう。3年生以上の人は国語の時間に勉強しましたね。答えは大豆です。黄な粉は大豆に熱を加えた後に皮をむいて粉状にしたものです。今日は黄な粉に砂糖と、砂糖の甘味を引きたてるために少量の塩を混ぜあわせています。

 

更新日:2018年03月19日 12:50:12