本日の献立

 

3月20日の献立はお赤飯、エビフライ、磯香あえ、すまし汁、セレクトケーキです。赤飯はおめでたい日に食べる「ハレの日の食事」として日本の文化に根付いています。今日は6年生の小学校卒業と1~5年生の進級をお祝いしてお赤飯にしました。お赤飯の「赤」は災いを避ける力があると信じられ、江戸時代では庶民の食卓にも広まったそうです。さて、今日は今年度の給食が最後の日です。1学期から今日までの給食はどうでしたか。嫌いなものや食べられなかった物が少しでも食べられるようになりましたか。給食当番でうまく盛り付けられるようになりましたか。1年間の給食を振り返りながら味わえたでしょうか。来年度も残さず食べて丈夫な身体をつくってほしいです。

※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

 

3月19日の献立は黒パン、牛乳、鶏肉の香味焼き、コーンポテト、ボルシチです。ボルシチはウク

ライナの伝統的な料理です。ミネストローネのように赤い色のスープですが、この赤はトマトの赤に加え、ビーツと呼ばれる赤かぶで赤くなっています。ウクライナやロシアではおふくろの味として親しまれているようです。日本で例えるとみそ汁になりますね。

※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

更新日:2018年03月20日 12:38:20