本日の給食

IMG_1461.JPG

5月2日の献立は五目鶏ごはん、牛乳、かつおの甘辛揚げ、すまし汁、かしわもちです。5月5日のこどもの日は、「端午の節句」ともいわれ、男の子の健やかな成長を願って、こいのぼりをかざったり、菖蒲湯に入ったり、かしわ餅やちまきを食べる習慣があります。柏は昔から神聖な木とされていて、新芽が出ないと古い葉が落ちないことから「あとつぎが途絶えない」「子孫繁栄」の縁起物として使われています。また、成長すると名前が変わっていく出世魚である「鱸(すずき)」や「鰤(ぶり)」、「勝つ」「男」に通じる「鰹(かつお)」も端午の節句には欠かせない食材です。今日はでん粉をつけて揚げたかつおに甘からのたれをからめた「かつおの甘から揚げ」とかしわもちを提供しました。

更新日:2018年05月02日 12:01:59