本日の給食

IMG_1617.JPG

5月18日の献立は、カレーライス、牛乳、フルーツポンチです。今日は「カレー」についてお話します。明治初めの頃、軍人の病死の最大の原因は脚気でした。
明治11年の記録では海軍の1/3が脚気にかかったほど深刻な問題でした。この脚気の予防に取組んだのは海軍の軍医、高木兼寛で、白米中心で栄養バランスの偏った食事が原因であることを突き止めました。そこで、模範としていたイギリス海軍の食事を参考に改善を行ったところ、脚気はすごく減ったそうです。この食事のメニューの中にカレーやシチューがあり、それをご飯に合うようにアレンジしたものが現在 家庭で食べられているカレーライスのルーツだと言われています。その後、故郷に帰った兵士たちによってカレーは全国に広まっていきました。
カレーはとても人気で、毎月、給食でもでていますが、栄養バランスを整えるため、野菜をたっぷり使い、脱脂粉乳を入れて、カルシウムも強化しています。

更新日:2018年05月18日 12:32:51