本日の給食

IMG_1760.JPG

6月5日の献立はごはん(こうのとり伝説米)、さわらの梅塩麹焼き、にらともやしのおひたし、肉じゃがです。今日のさわらの味付けに使った梅は、2月ごろ花が咲き、その後、実をつけ、6月ごろ収穫の時期をむかえます。梅の産地といえば和歌山県がトップで、「南高梅」が有名ですね。梅は果物の一種ですが、収穫してすぐの生では食べられません。青梅に含まれる「アミダグリン」という成分は人間の体内の酵素と反応して「シアン」という毒素を生み出すためです。このため、収穫した梅は塩漬けにして「梅干し」にしたり、アルコールに入れて「梅酒」にしたり、火を通して「ジャム」にしたりと加工して食べます。今日はさわらを梅干しと塩こうじで味付けし、オーブンで焼きました。暑くなってきたこの時期、食欲の出る味です。
 また、今日のごはんは「こうのとり伝説米」です。こうのとり伝説米は、いつも給食で食べている「彩のかがやき」を農薬や化学肥料を最小限におさえた特別栽培米で、米粒が大きく、つやがあり、ほのかな甘みと、ほどよい粘りがあるのが特徴です。子どもたちには地域の生産者のみなさんが大切に育ててくださったことを伝え、感謝して食べるよう指導しています。

更新日:2018年06月05日 12:25:08