本日の給食

IMG_1772.JPG

ひよこ豆2.JPG

6月6日の献立はナシゴレン、牛乳、オムレツ、ひよこ豆のクリームスープです。ナシゴレンはインドネシアやマレーシアの料理で、「ナシ」とは現地の言葉で「ごはん」のこと、「ゴレン」とは「炒める」や「揚げる」という意味があります。つまり、ごはんを炒めた「チャーハン」のような料理ですが、チャーハンと違う点が2つあります。1つは現地特有の調味料やにんにく、唐辛子を使うこと、2つ目は、盛付するときに目玉焼きやエビの揚げせんべい、生のきゅうりやトマトを添えることです。今日は給食用にアレンジし、オムレツを添えました。

 また、今日はひよこ豆を使ったスープを提供しました。豆類は好き嫌いも多く、摂取しにくい食品ですが、給食では子どもたちが食べやすいように調理方法を工夫しています。今日のスープはペーストのひよこ豆と姿のままの豆の両方を使い、食べやすいようにクリームスープにしました。姿のままのひよこ豆を給食室前に展示したり、低学年には教室回りをしましたが、子どもたちは、「ひよこの顔見たい・・・」「口ばしみたい・・・」や自分のスープから食べていた児童は「ざらざらしているね・・・」といろいろな反応が見られました。

更新日:2018年06月06日 13:36:41