本日の給食

IMG_1945.JPG

6月26日の献立は、カレーライス、牛乳、フルーツポンチです。今日はフルーツポンチに使っている夏みかんについてお話します。夏みかんは秋が深まるころ黄色く色付きますが、その時点では酸味が強すぎて食べられません。冬まで待って収穫し、貯蔵して酸を抜くか、春先から初夏まで木になったままおいて、完熟させる事で酸が抜け食べられるようになります。このため、初夏の時期に食べられるみかんということで夏みかんと呼ばれるようになりました。夏みかんは5月に花が咲き、6月ごろ実がなるため、前の年の実を夏まで収穫せずにおくと、同じ木に前年と今年の両方の実が付いた状態になるため、代々続くという意味でも「夏代々」ともいわれるそうです。今日は缶詰に加工した夏みかんをフルーツポンチに入れました。

更新日:2018年06月26日 11:58:03