本日の給食

IMG_1977.JPG

6月29日の献立はコッペパンスライス、牛乳、塩焼きそば、チキンナゲット、五目スープです。焼きそばは、中国で生まれた料理で、中国では「炒麺」とよばれ、広く親しまれてきました。その味は、地方により、また家庭によってもちがいますが、塩か醤油で味付けされているそうです。日本で焼きそばが食べられるようになったのは、終戦直後で、物資のない時代にキャベツなどで麺をカサ増しし、ウスターソースで味付けしたものを闇市で販売したのが最初でした。これが、大評判となり、各地へ広がり、現在では富士宮やきそばやひるぜん焼きそばなど、ご当地焼きそばも出るほど日本人に浸透していきました。今日は豚肉やいか、にんじん、もやし、キャベツ、にんにくなどを使い、塩で味付けしました。子どもたちはコッペパンにはさんで焼きそばパンにして食べていました。

更新日:2018年06月29日 12:21:11