本日の給食

IMG_2065.JPG

7月9日の献立は、もぶり飯、牛乳、ししゃもの甘酢あんかけ、なすのみそ汁です。もぶり飯は愛媛県の郷土料理です。松山では、お祝い事やお客さまのおもてなしに、ちらし寿司をつくる習慣があります。「混ぜる」ことを方言で「もぶる」と言い、「もぶり飯」とも呼ばれています。松山鮓の特徴は、エソやトラハゼ等の瀬戸の小魚でダシをとった甘めの合わせ酢、刻みアナゴや季節の野菜などを混ぜた酢飯に、錦糸卵をちらして季節の小魚をふんだんに盛り付けるそうです。地元の小魚のおいしさが凝縮された松山鮓は、今も松山の代表的な郷土料理として根強い人気があるようです。今日は給食用にアレンジし、昆布のうまみを生かし、にんじん、ごぼう、しいたけ、ちくわなど沢山の具を入れて炊き込みました。

更新日:2018年07月10日 17:00:25