本日の給食

IMG_2088.JPG

7月13日の献立は、黒パン、牛乳、トマトスパゲティ、たこナゲット、イタリアンサラダです。今日はスパゲティに使っているトマトのお話です。トマトは、ペルーで生まれ、10世紀ごろにメキシコへ伝えられました。はじめは観賞用として栽培されていましたが、18世紀ごろから食用として栽培されるようになったといわれています。トマトやオリーブオイルを使ったメニューが多い南イタリアでは消化器系がんの発症率が日本の全国平均の半分というデータがあるそうです。パスタをメインに、トマトを中心とした緑黄色野菜、魚などをバランスよく調理した食卓が、がんの発症を少なくしている要因のひとつと考えられています。今日はベーコン、にんじん、玉ねぎ、パセリ、トマトを使い、スパゲティを作りました。

更新日:2018年07月13日 12:11:30