8月31日の給食

IMG_2240.JPG

8月31日の献立は、キムチチャーハン、牛乳、春巻、中華スープ、豊水です。梨は8月のおわりから10月まで、収穫時期が少しづつずれて、いろいろな種類のものが出回っています。8月おわりの「幸水」にはじまり「豊水」「彩玉」「20世紀」「新高」と味や食感が少しづつ違い、楽しめます。梨は鴻巣市でも作られていますね。鴻巣市常光は、もともと河川の氾濫で、洪水の多い地域でした。しかし、この洪水が功を奏して、梨の栽培に適した沖積土壌をつくり、おいしい梨の生産ができるようになったことで、全国的にも有名な梨の産地になったそうです。鴻巣の梨は10月頃に食べごろを迎える「新高」が多いようです。今日は、今が旬の埼玉県産「豊水」ですが、その名の通り、果汁が豊富で、甘みと酸味のバランスがよく、濃厚な味が特徴です。
 また、今日から2学期の給食が始まりました。久しぶりの給食に子どもたちはうれしそうで、おかわりをして食べている児童の姿も見られました。

更新日:2018年09月03日 12:15:36