11月12日~11月16日の給食

 11月16日の献立は、きな粉揚げパン、牛乳、秋の味覚ポタージュ、こんにゃく入り海藻サラダです。みなさんはきなこが何からできているか知っていますか?答えは「大豆」です。大豆を炒って粉にしたものが「きなこ」です。大豆は「畑の肉」といわれるくらい体をつくる「たんぱく質」が豊富な食品です。日本では昔から大豆が食べられてきましたが、大豆は固く、そのままでは体に吸収されにくいため、炒ったり、煮たり、ゆでてしぼったり、こうじかびや納豆菌など菌の力を借りて熟成させたりと、昔の人はいろいろな工夫をして大豆を食卓に取り入れてきました。みなさんがよく知っている、豆腐や油揚げ、しょうゆ、みそなどが大豆から作られています。そして給食でも、ほぼ毎日のようにどこかに大豆から作ったものが隠れています。今日は「給食室からこんにちは」のお手紙といっしょに大豆の変身術をのせました。さあ、明日はどのように変身した大豆がかくれているかな?

 11月15日の献立は、ごはん、牛乳、家常豆腐、たまごとコーンの中華スープです。家常豆腐 は中国の中央にある四川で生まれた料理で、麻婆豆腐のように辛くありませんが、四川料理です。「家常」とは「家庭でいつも食べる」という意味で、材料に「厚揚げ」を使うという特徴がありますが、中国では厚揚げ以外は好きな野菜や肉を組み合わせて、各家庭で好みの味に仕上げているそうです。たくさんの野菜や肉をいっしょに炒めた料理なので、栄養バランスが良く、白いごはんにぴったりのおかずです。今日は厚揚げのほかに、豚肉、にんじん、キャベツ、ねぎ、干ししいたけ、たけのこ、ピーマンとたくさんの材料をいれて、みそ味で仕上げました。

 11月13日の献立は、地粉うどん、なめこおろしうどん汁、牛乳、ゼリーフライ、いんげんのおひたしです。ゼリーフライは、じゃがいも、おからをベースに小判型に整え、油で揚げたもので、鴻巣市のとなりの行田市の郷土料理です。味付けはソースをベースにして作られた特性ダレに油で揚げたゼリーフライを「ドボン」とつけて絡めます。姿はころものついていないコロッケのような感じです。形が昔のお金の小判にそっくりだったことから「銭フライ」といわれ、「ゼリーフライ」に変わっていったそうです。今日は朝早くから調理員さんたちが生地を作り、1つ1つ丁寧にまるめて油で揚げて作ってくれました。みなさんに残さず食べてほしいと心をこめて作りました。

 11月12日の献立は、ごはん、牛乳、ほっけの塩焼き、れんこんのきんぴら、どさんこ汁です。どさんこ汁は北海道の郷土料理です。「どさんこ」は北海道のことで、北海道の名産がたくさん入っているスープです。北海道は海に囲まれ、たくさんの海の幸があり、広大な農地ではとうもろこし、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、大豆など、たくさんの農作物を栽培しています。また、牧畜も盛んで、牛や豚、羊などを飼育し、乳製品もたくさん作っています。どさんこ汁は名産の野菜やバターを使った濃厚なスープです。みそ汁のように見えますが、味はまろやかでコクがあります。今日はじゃがいも、玉ねぎ、にんじん、とうもろこし、豚肉、バターを使った濃厚なみそ汁です。

更新日:2018年11月16日 18:34:47