11月26日~11月30日の給食

 11月30日の献立は、ごはん、牛乳、肉と野菜のカレー煮、大根のみそ汁、ひじきのりです。今日は佃煮のお話です。 佃煮は、小魚、小エビ、貝類、昆布などの水産物や野菜などの農産物を原料に砂糖、しょうゆ、飴、みりん、調味料などで作られた濃厚な調味液を浸透させ甘辛く煮つめたもので、日本の「伝統の味」でもあります。佃煮発祥の地は東京で、佃島の漁民が、売り物にならない小魚等を保存もできる形で美味しく調理したのが「佃煮」という名前の由来といわれています。不漁の際の備蓄食品でもあったようで、安くて日もちもすると江戸中で評判を呼び、全国に広まっていったそうです。今日は「ひじき」と「のり」を合わせ佃煮にした「ひじきのり」です。

 11月29日の献立は、子どもパン、牛乳、手作りハムカツ、ボイルブロッコリー、ベジタブルスープです。ブロッコリーの旬は11月~3月で、つぼみの集まりを食べる「花野菜」の一種です。つぼみがしっかりと詰まっているものが新鮮で、紫がかっているものは日光と寒さを程よく受けて特においしいといわれています。芯の部分も皮を厚めにむいてゆでると、おいしく食べられます。また、ブロッコリーを収穫した後、脇から出てくる花芽は茎が細長く、菜の花を太くしたような形で、ブロッコリーニと呼ばれ、最近ではスーパーでも見かけるようになりました。ブロッコリーはみどりが鮮やかで、色取りに肉や魚などのメイン料理の脇に添えるほか、シチューや炒め物、あえ物など幅広く使われます。今日は塩ゆでしてハムカツの付け合わせにしました。

 11月28日の献立は、ごはん、牛乳、さばのみそ煮、にらともやしのおひたし、せんべい汁です。今日のせんべい汁は青森県の郷土料理です。江戸時代の後期、飢饉や凶作で米を食べることができなかった青森県八戸市とその周辺では麦やそばを栽培しました。麦やそばの粉から、やわらかい麦せんべいやそばせんべいができ、明治時代になってかたく焼いた南部せんべいが誕生しました。南部せんべいはそのままでも主食や間食として食べられますが、汁物にちぎって入れる食べ方もしました。これが「せんべい汁」のはじまりです。せんべい汁には野菜のほか、川でとれるウグイやカニ、山でとれるキジ、ウサギなど季節の食材が使われてきました。最近は鶏肉を入れて作ることが多いようです。今日は鶏肉を使い、にんじん、大根、ごぼう、しいたけ、しめじ、ねぎなど沢山の野菜をいれました。

 11月27日の献立は、キムチチャーハン、牛乳、わかさぎフリッター、チンゲン菜とあさりのスープ、りんごです。「わかさぎ」といえば、氷のはった湖に 穴を開け、釣り糸を垂らして釣るわかさぎの穴釣りは冬の風物詩で、諏訪湖や山中湖が有名ですね。秋に脂がのりますが、身がしまって適度に脂も落ちる冬から春先が旬といわれます。うろこが少なく、骨がやわらかいため、丸ごと食べられて、カルシウム源としては理想的な魚です。わかさぎは漢字で書くと「公魚」と書きます。これは、江戸時代にさかのぼり、かつて茨城県の霞ヶ浦のわかさぎが年貢の一部として幕府に納められていたことから、この字を書くようになったといわれています。今日はわかさぎに「ふわっ」とやわらかい衣をつけて油で揚げたフリッターです。

 11月26日の献立は、食パン、ブルーベリージャム、牛乳、ポークビーンズ、フラワーサラダです。ポークビーンズはアメリカの家庭料理で、日本の学校給食にも登場するほどなじみ深い料理です。豚肉と豆をトマトなどで煮込んで作る料理で、日本では大豆を使いますが、本場アメリカでは白インゲン豆を使うことが多いそうです。家庭料理なので使う材料や作り方に厳格な決まり事はないようですが、豆の種類を変えたり、ベーコンを入れたり、スパイスで味を変えるなど、各家庭にレシピがある「お袋の味」と言っても良い料理です。今日は豚肉、大豆、玉ねぎ、にんじん、マッシュルームをトマトで煮込みました。

更新日:2018年11月30日 14:04:31