1月21日~1月25日の給食

 1月25日の献立は、たまごパン、牛乳、ポークビーンズ、こんにゃく入り海藻サラダです。ポークビーンズはアメリカの家庭料理で、日本の学校給食にも登場するほどなじみ深い料理です。豚肉と豆をトマトなどで煮込んで作る料理で、日本では大豆を使いますが、本場アメリカでは白インゲン豆を使うことが多いそうです。家庭料理なので使う材料や作り方に厳格な決まり事はないようですが、豆の種類を変えたり、ベーコンを入れたり、スパイスで味を変えるなど、各家庭にレシピがある「お袋の味」と言ってもよい料理です。今日は豚肉、大豆、玉ねぎ、にんじん、マッシュルームをトマトで煮込みました。

 1月24日の献立は、ごはん(こうのとり伝説米)、牛乳、さけの塩焼き、たくあん、小松菜のみそ汁です。今日の給食は、明治22年に学校給食がが始まったときの献立を再現したものです。当時、貧しくてお弁当を持ってこられなかった子どもたちのために、お寺のお坊さんがおにぎりと焼き魚、漬物を無償で提供してくれたことが、学校給食の始まりです。その後、貧困児童の救済、栄養改善に効果が認められ、全国に広がりましたが、度重なる戦争による食糧不足のため、ほとんどの学校で給食を中止せざるを得なくなりました。第二次世界大戦後の1946年12月24日、東京、神奈川、千葉、の三都県で「ララ物資」とよばれる救援物資で学校給食が再開され、全国に広がっていきました。この12月24日は学校給食感謝の日とされましたが、多くの学校が冬休み期間であるため、その1ケ月後の1月24日を「学校給食記念日」とし、1月24日~30日までの1週間が「全校学校給食週間」になりました。今日はラップを使ってそれぞれに自分のおにぎりを作りました。いつもより少し質素な献立ですが、毎日おいしい給食が食べられることに感謝しておいしくいただくよう指導しました。

 1月23日の献立は、ごはん、牛乳、すきやき風煮、笹かまぼこ、ほうれん草の磯香和えです。すき焼きは肉や野菜を浅い鉄鍋で焼いたり煮たりして作る、日本の料理です。家族や仲間で囲む冬の食卓の代表ともいえる料理で、調味料にはしょうゆ、砂糖、酒などを使いますが、関西と関東ではその作り方に違いがあります。関東ではあらかじめ調味料を合わせておいた「割り下」を鍋で煮立て、そこに肉や野菜を入れて煮ていく方法ですが、関西では牛脂で肉を焼き、そこにしょうゆ、砂糖などの調味料を直接入れ、煮ていきます。食べるとき、溶いた生卵につけることはどちらも共通のようです。今日は給食室で材料をおいしく煮た「すきやき風煮」です。今が旬の鴻巣の白菜をたっぷり使って作りました。

 1月22日の献立は、地粉うどん、牛乳、五目うどん、さといものみそ煮、みかんです。さといもは、根のように見えて実は茎が肥大したもので、株の中心に親いもができ、その周りに小さな子いもが増えていきます。色々な種類があり、たけのこ芋のように親芋を主に食べる品種や土垂などのように子芋だけ食べるもの、また、えび芋のようにそのどちらも食べるものとあります。また、八つ頭のようにそこから伸びる葉や茎も食べるものもあります。今日は鴻巣市産のさといもをみそで煮ました。

 1月21日の献立は、ごはん、牛乳、チンジャオロース、春雨スープです。チンジャオロースは、四川料理の定番メニューで中国ではよく食べられます。チンジャオを漢字では「青」「椒」と書き、「青いピーマン」を意味し、ロースは、漢字では「 肉」「絲」と書き「肉の細切り」のことをいいます。つまり、チンジャオロースは「青いピーマンと肉の炒め料理」ということになります。日本ではチンジャオロースにたけのこを入れますが、中国のチンジャオロースは赤いピーマンを色取りとして入れます。このように同じ料理でも国が違えば作り方も少しづつ違いますね。今日は豚肉の細切りと青ピーマン、たけのこを炒め、赤パプリカも入れたボリュームたっぷりのチンジャオロースです。

更新日:2019年01月25日 12:02:12