3月11日~3月15日の給食

 3月15日の献立は、ココア揚げパン、牛乳、茎わかめサラダ、白花豆のクリームスープ、いちごです。わかめは海藻の仲間で、大きくなると4メートルにもなる葉っぱの葉脈のような形をした植物です。茎わかめはその葉っぱの中心にある「芯」のところで、太くて、厚く、コリコリした食感が特徴です。煮物や炒め物、サラダにして食べるほか、酢漬けにした、おやつやお酒のつまみとしても好まれています。食物繊維やビタミン、ミネラルが多く、わかめ独特の「ぬるっ」とした成分「アルギン酸」は摂りすぎてしまった塩分を体の外に出してくれる作用があるなど、生活習慣病を予防してくれる食材としても知られています。今日は茎わかめサラダにしました。

 3月14日の献立は、地粉うどん、卵とじうどんの汁、牛乳、みそポテト、いよかんです。「みそポテト」はふかしたじゃがいもを天ぷらにしたものに、甘めの味噌ダレをかけた埼玉県秩父地方の郷土料理です。埼玉県秩父地方では、「小昼飯(こぢゅうはん)」とよばれる、農作業の合間や小腹がすいた時に食べる郷土料理がいくつかあります。「みそポテト」はその代表的な一品で、古くから定番のおやつとして親しまれてきました。今日はじゃがいもを蒸してから衣をつけて油で揚げ、給食室で手作りしたみそだれを絡めました。

 3月13日の献立は、カレーピラフのホワイトソースかけ、牛乳、ブロッコリーサラダ、アーモンドフィッシュです。日本で最も漁獲量の多い魚である「かたくちいわし」は、鮮度のよいものは刺身にするとおいしく、神奈川県の相模湾沿岸、静岡県、高知県などでは、稚魚を「生しらす」として食べています。うまみの強い魚で、干物や調味料などに加工され、幅広く使われています。中でも多く利用されるのは、煮干などの加工品で、稚魚を 板海苔状にまとめて干物にした「タタミイワシ」、稚魚を塩ゆでして干した「しらす干し(ちりめん)」、ゆでて乾燥させた煮干し、数匹ずつ竹串に刺して乾燥させた「メザシ」などです。幼魚を素干しにしたものを「ゴマメ」といい、これをしょうゆと砂糖で煮た「田作り」は正月のおせち料理に欠かせません。今日は「ゴマメ」を砂糖やしょうゆで加工したものに炒ったアーモンドを合わせた小魚アーモンドです。

 3月12日の献立は、ごはん(こうのとり伝説米)、牛乳、にしんの照焼き、大豆の磯煮、いもの子汁です。「にしん」は「春を告げる魚」ともいわれるように、春になると産卵のため北海道沿岸に現れます。「にしん」の名の由来は、身欠きにしんを作るとき、身を二つに割ることから、身が二つという意味で「二身(にしん)」となったと言われています。江戸時代後期ころは、北海道でにしんが大量に獲れ、当時の松前藩はコメが取れないので代わりに「にしんの干物」、「身欠きにしん」を年貢として納めていたという記録があり、その時に『これは魚に非ず、海の米なり」と言ったことから魚偏に「非」と書いて、「鯡」という字を使ったといわれています。今日はにしんを照焼きにしました。

 3月11日の献立は、バターロールパン、牛乳、鶏肉のパプリカージュ、粉ふきいも、パスタスープです。粉ふきいもは大きく切ったじゃがいもを塩ゆでした後に炒って水気を飛ばして作ります。じゃがいもの表面が粉を吹いたように見えることから「粉ふきいも」と名付けられました。 おもに肉料理の付け合わせにすることが多い料理で、調理が簡単なため、5年生で家庭科を勉強し始めると調理実習で作る料理でもあります。今日は、鶏肉のパプリカージュの汁といっしょに粉ふきいもをいただきました。また、今日はデザートのセレクト給食です。これは、PTAと児童のみなさんが9月と1月に行った資源回収の収益金をもとに、児童会の話し合いにより決まったもので、子どもたちは事前に「プリンアラモード」と「いちごゼリー」のどちらか好きな方を選びました。

更新日:2019年03月15日 12:07:43