11月18日~22日の給食

 

今日の献立は、吹き寄せごはん、牛乳、わかさぎフリッター、かき玉汁、みかんです。 今日は、「吹き寄せごはん」について、お話しします。「吹き寄せ」は、秋から冬の季節にかけて、風に吹き寄せられた木の葉のふぜいを出して作られた、料理やお菓子のことを言います。吹き寄せには、秋の食材がたくさん使われています。今日の給食には、秋が旬のさつまいもやしめじ、もみじ色のにんじんも入れて炊き込だ、吹き寄せごはんを出しました。

 

 

 

今日の献立は、地粉うどん、おろしうどん、牛乳、ゼリーフライ、いんげんのごま炒めです。 今日は、行田市のゼリーフライについてお話しします。ゼリーフライは、形が小判にそっくりだったことから「ゼニーフライ」と呼ばれていたのが、「ゼリーフライ」に変わってこの名前になったそうです。ゼリーフライは、調理員が一つひとつ成型してから揚げて、ウスターソースに漬けて作っています。

 

 

 

今日の献立は、ごはん(こうのとり伝説米)、牛乳、鮭の塩焼き、ねぎぬた、煮ぼうとうです。 今日は、「ねぎぬた」のお話です。「ぬた」は、酢味噌を使って和えた料理です。ねぎぬたは、埼玉県では、昔から冠婚葬祭の席に欠かせない料理でした。今日は、鴻巣市でとれたねぎを使って、さつまあげ、すりごまと一緒に酢味噌で和えたねぎぬたを出しました。ねぎは、血行をよくして体を温めたり、免疫力を高めてくれるので、風邪予防によい野菜です。

 

 

 

今日の献立は、ごはん、牛乳、揚げじゃがいものそぼろ煮、白菜の味噌汁、ひじきのりです。今日は「つくだ煮」についてお話しします。つくだ煮は、東京都の名産物です。佃煮は、漁で獲れる、売り物にならない小魚や貝類を使って作られたこときっかけでできた料理です。東京都中央区の佃島という地名からできた佃煮は、保存がきく点とその美味しさから、今では全国に広まっています。今日は、ひじきのりの佃煮をご飯にのせて食べてもらえるように提供しました。

 

 

 

今日の献立は、ゆめちからツイストパン、牛乳、ポークビーンズ、花野菜のアーリオオーリオ、キャンディチーズです。今日は、ゆめちからについてお話しします。ゆめちからは、日本の気候でも栽培できるように改良された、北海道の小麦粉です。ゆめちからの小麦粉には通常の小麦粉よりも、グルテンというタンパク質が多く含まれているので、パンにするともっちりとした食感で、美味しいパンに仕上がります。

更新日:2019年11月22日 13:50:32