1月27日~31日の給食

 

 

今日の献立は、子どもパンスライス、牛乳、照り焼きチキン、ボイルキャベツ、白花豆のクリームスープ、カットパインです。今日は、「白花豆」についてお話します。白花豆は、いんげん豆の仲間で名前の通り花の色が白く、豆も白色の平たい形をしています。ホクホクしていて、ほのかな甘みがあり美味しいです。疲労回復によいビタミンB1が豊富に含まれています。そんな白花豆をペースト状にしてスープに加えました。

 

 

 

今日の献立は、ビビンバ丼、牛乳、わかめスープ、型抜きチーズです。今日は、「ビビンバ」についてお話します。ビビンバの発祥の地は、韓国の全州(チョンジュ)です。実際はビビンパッと発音され、ビビンが「混ぜる」、パプが「ごはん」という意味で、名づけられました。今日のビビンバは、三色丼にしています。錦糸卵、ほうれん草ともやしのナムル、にんじん、たけのこ、豚こま肉をにんにくとしょうがで香りづけした炒め物の3種類で、栄養バランスの良いビビンバ丼に仕上げました。

 

 

 

今日の献立は、しゃくし菜ごはん、牛乳、鶏天おろしソース、厚揚げときのこの味噌汁、ミックスナッツです。今日のミックスナッツには、カシューナッツ、アーモンド、ピーナッツが入っています。ピーナッツには、ポリフェノールの仲間のレスベラトールと言うがん予防の栄養が含まれています。アーモンドには、脂肪燃焼に効果的なビタミンB2、カシューナッツには疲労回復のビタミンB1が含まれています。また、ナッツ類には共通して、善玉コレステロールを増やしてくれる、オレイン酸が多く含まれているので、高血圧予防に効果的です。

 

 

 

今日の献立は、地粉うどん、牛乳、ごまあじうどん、里芋のそぼろ煮、ぽんかんです。今日は、「ぽんかん」についてお話します。ぽんかんは、インドが原産で、酸味があまりなくまろやかな味が特徴です。収穫時期は、11月~12月ですが、食べごろになるまで貯蔵するため、出荷時期は1月~2月になります。ぽんかんには、免疫力をあげるビタミンC、糖質をエネルギーに変える働きのビタミンB1、下痢を解消してくれるペクチンなどが含まれています。

 

 

 

今日の献立は、ごはん、牛乳、鮭の塩焼き、たくあん、小松菜の味噌汁です。給食が初めて提供されたのは、明治22年の山形県の小学校です。当時の給食は、「おにぎり、焼き魚、漬物」と言った質素なもので、貧しい子どもたちに無償で配られていました。今日は、当時の給食を振り返ってもらえるように、献立の内容も昔に近づけ、ラップを使ってセルフおにぎりにしました。

 

更新日:2020年01月31日 14:50:23