2月10日~14日の給食

 

今日の献立は、パエリア、牛乳、ハンバーグ、白菜のシチュー、チョコプリンです。今日は「パエリア」についてお話します。パエリアは、スペインのバレンシア語で「フライパン」という意味です。パエリアを炊く女性のことを「パエジェーラ」、男性のことを「パエジェーロ」と呼びます。パエリアと言えば、魚介類を使用したものが有名ですが、バレンシア風パエリアは、ウサギ肉、鶏肉、エスカルゴ、いんげん豆、パプリカなどを使用し、ボンバ米というお米を炊いて食べます。給食のパエリアは、鴻巣市産のお米に、えび、いか、ほたて、にんじん、玉ねぎ、さやいんげんを加えて炊いたものを提供しています。

 

 

 

今日の献立は、地粉うどん、ねぎまうどん、牛乳、五平餅、根菜のさっぱり炒めです。今日は、「五平餅」についてお話します。五平餅は、中部地方の郷土料理です。形は、団子状や小判型のものなど地域によって異なり、味噌や醤油などを付け、串に刺し、焼いて食べます。諸説ありますが、五平餅は山の神様を祭る行事のお供えで、神事の際に捧げるための「御幣」が由来だと言われています。

 

 

 

今日の献立は、ごはん、牛乳、ポークしゅうまい、ナムル、えびと豆腐のチリソース煮です。今日は「えびのチリソース」(エビチリ)についてお話します。エビチリは中国の四川料理で、唐辛子を多く使って調理する「乾燒蝦仁」(カンシャオシャーレン)を日本風にマイルドにアレンジした料理です。エビチリのチリソースは、唐辛子を使用したソースのことを言います。えびには、血圧を正常に保つタウリンやがん予防になる抗酸化作用のビタミンEが豊富に含まれています。

 

 

 

今日の献立は、ナン、牛乳、カレーミート、フルーツナタデココです。今日のカレーミートには、豚ひき肉、レバーそぼろ、玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、青ピーマン、しょうが、にんにくが入っています。ひよこ豆は、スペイン語で「ガルバンゾ」、英語で「チックピー」と言います。チックピーは、ひよこみたいな豆の形という意味で、大きさは約1cmです。また、京都では、「栗豆」と呼ばれており、ほくほくとした栗のような甘みがあります。栄養では、解毒作用のあるビタミンB1やむくみ予防のカリウムなどが含まれています。

更新日:2020年02月14日 18:14:08