10月3日~10月7日のメニュー

28.10.07.JPG

28.10.06.JPG

28.10.05.JPG

28.10.04.JPG

28.10.03.JPG

10月7日(金)ソフトフランスパン、ブルーベリージャム、牛乳、タンドリーチキン、ミニトマト、彩野菜スープです。ブルーベリーは北アメリカ原産で、日本では長野や岩手、北海道など涼しいところで栽培されています。そのまま食べるほか、今日の献立のジャムやアイスクリーム、ケーキ等のお菓子に使われています。ブルーベリーのアントシアニンには視力をよくする効果があります。


10月6日(木)ごはん、牛乳、鮭の塩焼き、つぼん汁、ひじきのりです。つぼん汁は熊本県人吉球磨地方に伝わる郷土料理で、お祭りや祝い事の時に作られているようです。鶏肉、豆腐、にんじん、だいこん、ごぼう、こくにゃくなどたくさんの野菜をしょうゆで味付けします。深い壺でこの汁を作り、盛り付けることから「つぼん汁」になったそうです。





10月5日(水)豚肉とあさりの炊き込みご飯、牛乳、焼き笹かま、じゃがいもの味噌汁、柿です。柿は秋の代表的な果物で、奈良県産のでした。奈良時代から栽培されている柿は、アジアやヨーロッパなどの海外でも「かき(kaki)」で通用します。ビタミンC、カロテン、食物繊維が豊富で、風邪予防や血圧を下げる効果が期待できます。




10月4日(火)チャンポン麺、牛乳、ポテトのチーズ焼き、小魚アーモンドです。チャンポン麺は、長崎生まれの料理で、肉や野菜、それに長崎の海でとれるイカ、エビ、あさりなどが入っています。福建省の言葉で「ご飯を食べる」という意味の「吃飯(チャポン)」と名前が「チャンポン」に変ったそうです。





10月3日(月)ごはん、牛乳、炒り鶏、彩の国納豆、せんべい汁です。せんべい汁は、肉や魚、野菜やきのこなどでダシをとった汁の中に、せんべいを割りいれて食べる料理で、青森県の八戸地方 の郷土料理です。使用するせんべいは、小麦粉・塩を原料とした「おつゆせんべい」などと呼ばれるもので、汁もの専用に開発されたものであるため、煮込んでもとけにくく、食べると独特の食感があるように焼き上げてあります。

更新日:2016年10月18日 16:28:37