10月10日~10月14日のメニュー

28.10.14.JPG

28.10.13.JPG

28.10.12.JPG

28.10.11.JPG

10月14日(金)ごはん、ふりかけ、揚げじゃが芋のそぼろ煮、小松菜の味噌汁です。日本料理で、だしは重要な材料の一つです。主に、昆布・かつお節・さば節・にぼし等があります。本校では自然の味を食べて覚えてもらいたいと考え鰹節からおいしいだし汁を取って作っています。※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。


10月13日(木)ツイストパン、牛乳、豚肉のピザ焼き、豆サラダ、コンソメスープです。サラダに入っている緑色の豆は「えだ豆」です。そして紫色の豆が「レッドキドニー」です。レッドキドニーはいんげん豆の仲間で南アメリカが原産です。豆には食物繊維がたくさん含まれていますが、その中でも多く含まれているのがレッドキドニーです。



10月12日(水)ごはん、牛乳、鰰(はたはた)の竜田揚げ、菊入お浸し、きりたんぽ汁です。きりたんぽは秋田県の郷土料理で、つぶしたご飯を棒に巻き付けて焼き、棒から外した食べものことです。野菜も沢山入っている栄養満点の料理です。







10月11日(火)コーンピラフ、牛乳、チーズオムレツ、ミネストローネです。オムレツは、卵を割ってとき、塩、こしょうなどで味つけをし、バターや油をひいたフライパンで手早く焼いた卵料理です。手軽な材料で、簡単で、短時間で作ることができ、朝食のメニューとしてたいへん親しまれ、世界中どこの国でも作られている料理です。

更新日:2016年10月18日 16:27:52