10月17日~10月21日のメニュー

28.10.21.JPG

28.10.20.JPG

28.10.19.JPG

28.10.18.JPG

28.10.17.JPG

10月21日(金)ご飯、八宝菜、わかめスープ、りんごです。欧米には「一日一個のりんごは医者を遠ざける」という諺があります。りんごには食物繊維がたくさん含まれているので、腸の働きを整えてくれる作用があります。昔の人は科学的なことは知らなくても、経験上りんごを食べていると健康な体になることを知っていたのでしょう。※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

10月20日(木)鴻巣ネギ旨うどん、牛乳、切り干し大根の炒め煮、いがまんじゅうです。いがまんじゅうは鴻巣市の川里地区や羽生市や騎西町など県北地域で昔から食べられている和菓子です。田舎まんじゅうの表面に赤飯がまぶしてあり、見た目が「栗のいが」のようであることから、いがまんじゅうと呼ばれています。今日は市内の菓子屋さんが特別に給食サイズを作ってくださいました。



10月19日(水)ご飯、牛乳、鯖の味噌煮、にらともやしの和えもの、すまし汁です。今日炊いたお米は本校の学区内でも作っている「こうのとり伝説米」というお米です。いつも、給食で食べている、「彩のかがやき」というお米を、農薬の量を半分にして、育てたお米です。また、獲れたお米の中から、粒の大きいものだけを選んでいる特別なお米です。




10月18日(火)たまごパン、牛乳、手作りコロッケ、ボイルキャベツ、ベジタブルスープです。コロッケは大正から昭和にかけて日本中に広まった三大洋食の一つです。コロッケはフランス語のフランス語で「かりかりしたもの」というクロケットが、いつのまにかコロッケと呼ばれるようになりました。今日はじゃがいもがたっぷり入った「ポテトコロッケ」です。調理員さんが、一つ一つ手作りしてくれました。



10月17日(月)キムチチャーハン、牛乳、イワシの磯辺フライ、中華スープです。イワシは昔から食べられていた魚で、源氏物語で有名な紫式部も好きだったようです。江戸時代になると一年中獲れたので、色々な料理方法が考えだされています。この時期に脂がのるので、イワシの旬は秋です。実は、この脂の中にDHAやEPAが入っているので、血流がよくなるので積極的に食べたい魚です。

更新日:2016年10月21日 16:25:51