11月15日~11月18日のメニュー

28.11.18.JPG

28.11.17.JPG

28.11.16.JPG

28.11.15.JPG

11月18日(金)ピザトースト、牛乳、ポトフ、黄桃です。ポトフはフランスの家庭料理で「火にかけた鍋」という意味があるそうです。牛肉やソーセージなどの肉と大きく切った人参や玉ねぎ、セロリ、かぶなどの野菜をじっくり煮込んだ料理です。スープは塩や黒こしょう、ハーブなどで風味を整え、マスタードを添えて盛付けします。※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

11月17日(木)ご飯、牛乳、わかさぎ狭山茶フライ、かみかみきんぴら、呉汁です。 狭山茶は埼玉県の西部にある狭山市や入間市を中心に栽培されています。冬には霜が降りる気候なので、厚みのある茶葉ができるそうです。狭山茶の生産量は決して多くありませんが、「色の静岡茶、香りの宇治茶、味の狭山茶」と呼ばれ、日本を代表するお茶といわれています。



11月16日(水)キムチチャーハン、牛乳、牛乳、チンゲン菜と浅利のスープです。キムチは韓国の漬物を意味する「キムチェ」が語源になっています。キムチチャーハンには豚肉、人参、白菜キムチ、にら、たけのこ等が入っています。






11月15日(火)卵とじうどん、牛乳、のらぼう菜の胡麻和え、ふかしいもです。さつま芋が我が国に伝わったのは、今から400年前ほど前のことです。それ以来、養分の少ない土でも育つので、食糧の少ない時代には主食のように食べられていました。現在では味や栄養が改良されたさつま芋が出回り、お菓子などにも使われています。今日のさつま芋は2年生が校内の畑で栽培したものです。

更新日:2016年11月21日 13:11:06