12月12日~12月16日のメニュー

28.12.16.JPG

28.12.15.JPG

28.12.14.JPG

28.12.13.JPG

28.12.12.JPG

12月16日(金)中華おこわ、牛乳、かに玉、塩麹鶏のスタミナスープです。塩麹は麴と塩、水を混ぜて発酵させたもので、味噌やしょうゆなどと同じく日本の伝統的な調味料です。日本では古くから塩麴に野菜や魚を漬けて利用してきました。塩麴に漬けると、麴のはたらきで長く保存できたり、肉や魚のうまみが増したりします。
※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

12月15日(木)ご飯、牛乳、鰆の幽庵焼き、南瓜のそぼろ煮、みぞれ汁です。来週21日は冬至です。冬至は、1年でもっとも昼の長さが短くなる日のことで、この日に南瓜を食べると長生きするといわれています。南瓜は長期保存ができるので、昔から夏に収穫したものを冬に食べていました。




12月14日(水)黒パン、牛乳、ポークビーンズ、コールスローサラダです。今日のコールスローサラダには給食室で作ったフレンチドレッシングがかかっています。材料は油、酢、砂糖、塩、こしょう、からしです。給食のドレッシングは事故防止の観点から、秋・冬のみ給食室で手作りします。





12月13日(火)胡麻汁うどん、牛乳、根菜のさっぱり炒め、鬼まんです。今日は蒸しパンに、この時季においしいさつまいもを角切りにして一緒に蒸しあげました。さつま芋の入った蒸しパンは愛知県尾張地方では「鬼まん」と呼ばれ、素朴なお菓子として古くから各家庭で伝わっています。






12月12日(月)豚肉とごぼうの炊き込みご飯、牛乳、小鯵の甘酢あんかけ、味噌汁、りんごです。味噌汁には2年生が育てた大根が入っています。9月上旬に校庭の畑に種撒きをし、今朝抜いた新鮮なものです。葉の裏がざらざらしているといったことに気付いた子もいました。それぞれ流しで洗ってから給食室に持って行きました。

更新日:2016年12月19日 12:56:45