1月23日~1月27日のメニュー

29.1.23.JPG

29.1.24.5.jpg

29.1.25.JPG

29.1.26.JPG

29.1.27.JPG

1月23日の献立は子どもパン、牛乳、照り焼きチキン、キャベツとコーンのソテー、ホワイトシチューです。シチューには、小麦粉とバターで作ったルウを使います。小麦粉を焦がさないように炒めるのが、美味しいホワイトルウを作るポイントです。






1月24日の献立はご飯、牛乳、鮭の塩焼き、沢庵、味噌汁です。本日、1月24日から1月30日までは、学校給食週間です。学校給食は明治22年に山形県の小学校で始まりました。お弁当を持ってこられない児童のために「おにぎりと焼き魚、漬け物」の給食を用意したのが始まりです。今日の給食は、日本で一番初めの給食を再現した献立で、ご飯を自分で握っておにぎりにします。お米は「こうのとり伝説米」です。


1月25日の献立はコッペパン、マーガリン、牛乳、鯨の竜田おろしがけ、すいとんです。日本は海に囲まれた島国なので、大昔から、鯨を食べていました。学校給食でも昭和30~40年には鯨が献立によく登場していました。今は、国際的な取り決めによって、鯨を獲る量が決められているので、市場に出る量が減っています。昨日から全国学校給食週間です。昔の給食を味わいながら、食べられることに感謝しましょう。


1月26日の献立は三色丼、牛乳、じゃが芋の味噌汁です。三色の茶色は鶏肉のそぼろ、緑色はホウレンソウ、黄色は錦糸卵です。三色盛られて、見た目も、味も美味しくできあがりました。







1月27日の献立はチャーハン、牛乳、きびなごフリッター、わかめスープです。きびなごは体長10センチくらいの小さな魚で、側面に銀色の帯があるのが特徴です。鹿児島では「帯」のことを「きび」ということがこの名前に由来しているといわれています。頭から尾まで全部食べられるため、骨を作るのに必要なカルシウム補給にとても良い食材です。
※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。


更新日:2017年01月30日 12:51:28