4月17日~4月21日のメニュー

29.4.21.JPG

29.4.20.JPG

29.4.19.JPG

29.4.18.JPG

29.4.17.JPG

 4月21日の献立はご飯、牛乳、鯖の辛味焼き、五目煮豆、春キャベツの味噌汁です。春キャベツは秋に種をまいて、春に収穫されるものです。キャベツは葉と葉の間に隙間がなく、ずっしりと重く感じるものが美味しい言われています。しかし、春キャベツは葉が柔らかくてみずみずしく、葉と葉の間に隙間が多く、ふんわりとして見た目より軽いのが特徴です。また、甘みがあり、この時期だけの特別な味わいがあります。※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

4月20日の献立は挽肉ともやしのあんかけ丼、牛乳、鋳物汁、河内晩柑です。鋳物汁は埼玉県の南部にある川口市で生まれた郷土料理です。鉄を溶かして作る製品のことを「鋳物」と呼び、ここから名前がつきました。作り方は豆腐を油で炒めたところに、煮干しでとってだしを加えます。だし汁を加えると油が浮いてきます。このときの油が溶かした鉄を想像させるので、この名前がつきました。

4月19日の献立は子どもパンスライス、牛乳、ハンバーグケチャップソースがけ、ボイルキャベツ、コーンクリームスープです。ハンバーグはみじん切りにした玉ねぎをあめ色になるまで炒め、ひき肉とよく混ぜて、形を整え、焼いたものです。ハンバーグはドイツの「タルタルステーキ」がもとになり、その後アメリカに伝わり「ハンブルク風ステーキ」から「ハンバーグステーキ」となったそうです。


4月18日の献立はご飯、牛乳、わかさぎの胡麻フライ、筑前煮、豆腐の味噌汁です。筑前煮は博多の料理で、鶏肉と野菜を炒め煮したものです。筑前煮は、またの名を「がめ煮」ともいいます。作り方は、鶏肉、ごぼう、人参、たけのこ、こんにゃくを食べやすい大きさの乱切りにし、油で炒めてから、うま煮にします。じゃがいもや里芋を入れることもあります。




4月17日の献立は、はちみつパン、牛乳、チリコンカン、フラワーサラダ、型抜きチーズです。チーズは牛乳を温め、殺菌してから、乳酸菌を加えます。その水分を抜いたり固めたり、寝かせたりして発酵させます。とても長い時間をかけて、チーズは作られます。チーズは牛のほかにも、山羊や、羊のお乳でつくることもあります。チーズは、歯を丈夫にするカルシウムが沢山入っています。

更新日:2017年04月24日 08:16:52