6月12日~6月16日のメニュー

29.6.16.JPG

29.6.15.JPG

29.6.14.JPG

29.6.13.JPG

29.6.12.JPG

6月16日の献立はご飯(こうのとり伝説米)、牛乳、鰆の梅塩麹焼き、隠元ともやしの胡麻炒め、鋳物汁です。梅の実は今頃熟しますが、他の果物のように熟しても甘くならず、強い酸味が特徴です。そのまま食べることはほとんどなく、梅干しや梅酒、梅ジュース、ジャムなどに加工されます。今日は鰆に「梅」と「塩麴」で味をつけて焼きました。
※児童が使用している食器はこの写真とは異なります。安心・安全な学校給食、その上家庭的な味を目指しているので、ここでは理想的な配膳を掲載しています。

6月15日の献立はチャンポン麺、牛乳、ひじきの中華炒め、アーモンド小魚です。アーモンドはバラと同じ種類の木で、高さ5メートルくらいになり、春には杏子や桃に似た花を咲かせます。私たちが食べている部分は花が咲いた後にできる実の一部分です。アーモンドには皆さんに必要なカルシウムやビタミン類が含まれています。



6月14日の献立はチキンライス、牛乳、オムレツ、ひよこ豆のクリームスープです。ひよこ豆は、ひよこのような形をしているので「ひよこ豆」とよばれるようになり、7500年も前から食べられていたそうです。世界で一番ひよこ豆を食べている国は、インドです。






6月13日の献立はご飯、牛乳、厚揚げと豚肉の味噌炒め、中華スープ、冷凍みかんです。冷凍みかんは春頃までしか販売されていなかったみかんを一年中販売できる商品にしようと、考えられたものです。昭和30年から小田原駅のキヨスクで販売されるようになったのが始まりだそうです。低温で食べると、人は甘味を感じにくいので、冷凍みかんは、特に甘味の強いみかんが使用されています。それにしても、何故だか冷凍みかんがつく日は、薄曇りになる確率が高いです。

6月12日の献立はあやひかりコッペパン、牛乳、鶏肉のマスタード煮、粉吹き芋、オニオンスープです。あやひかりとは小麦の種類の名前です。今日のコッペパンは、鴻巣市内の川里地域で作られた小麦粉で作ったパンです。あやひかり小麦は、とても風味がよく美味しいので、鴻巣川幅うどんを作る材料にもなっています。埼玉で採れる小麦は、うどん作りに適した小麦なので、パンを作るためにパン工場の人たちが何回も試作してやっと完成できた特別なパンです。

更新日:2017年06月19日 12:13:19