学校紹介

平成30年4月9日 児童数

  1学年 2学年 3学年 4学年 5学年 6学年 特別支
援学級
合計
学級数 3 3 3 3 3 19
児童数 76 83

65

94 84 83 4 489

沿革の概要

明治 5年11月  学制頒布より下忍村遍照院を借り1校を設ける。

   6年 4月  下忍村千住院を借り下忍小学校と称して、4月開業の式を行う。

   8年10月  校舎狭隘なり、鎌塚・堤根にそれぞれ分舎を設ける。

   8年12月  分村により下忍学校、鎌塚学校、堤根学校と改称する。

  19年     下忍・鎌塚・堤根の三校を統合し、修斉学校と称して先手院本堂を借りて開校する。

  24年     校名を下忍学校と改称する。

  25年 7月  校名を下忍尋常小学校と改称する。

  36年 3月  校舎を下忍村大字下忍2054番地に新築する。

  45年 4月  高等科(2年生)を併設し、校名を下忍尋常高等小学校と改称する。

昭和16年 4月  校名を下忍国民学校と改称する。

  22年 4月  校名を下忍村立下忍小学校と改称する。

  23年 3月  給食調理室竣工、学校給食を開始する。

  26年 4月  駒形地区児童を行田市立西小学校へ移籍する。

  30年10月  北足立郡吹上町に合併し、校名を吹上町立下忍小学校と改称する。

  33年 4月  吹上町と行田市により財産分割が行われ、校舎備品の配分をする。

  34年 4月  堤根、上分、樋上地区児童を行田市立下忍小学校に移籍する。

  34年12月  校舎を吹上町鎌塚10番地(旧下忍中学校)に位置変更する。

  35年11月  校舎を960坪拡張する。

  44年 7月  プール竣工する。

  45年 3月  校歌を制定し、発表会を行う。

  46年 2月  校地を4,644平方メートル拡張する。

  48年12月  開校百周年記念式典を行う。

  51年 3月  鉄筋コンクリート3階建校舎を増築する。

  56年 3月  体育館を竣工する。

  56年 4月  自校給食を廃止し、民間委託となる。

  60年 4月  校庭散水施設設置。

  61年 5月  MLシステム設置。

平成 元年 7月  鉄筋コンクリート4階建校舎改築竣工。

   3年 2月  コンピュータ教室開設。

   3年 3月  本校舎から第2体育館への渡り廊下完成。

   7年 3月  プールの全面塗装を行う。

   7年 8月  第2体育館の床全面塗装を行う。

   8年12月  「彩の国スクールロード 通学路」完成式典を行う。

  12年10月  3階建校舎の耐震補強改修工事を完了。

  13年 6月  学校評議員を設置する。

  14年 8月  第1体育館を解体撤去する。

  17年10月  鴻巣市に合併し、校名を鴻巣市立下忍小学校に改称する。

  21年 4月  特別支援学級を開設する。

  22年 6月  学校応援団制度を開始する。

  23年 6月  放課後子ども教室を開始する。

  24年 7月  校庭の南側を芝生化する。

  25年11月  体育館の耐震補強工事を完了する。

  26年 3月  給食室完成。

  26年 4月  自校給食を開始する。

 

 

 

 

 

更新日:2018年04月06日 16:50:54